ふたたびハシゴ酒

飲みそうな奴は大体友達!

井出ちゃんぽん 大分 中津

井出ちゃんぽん
佐賀県武雄市が本店。
昭和24年に初代が創業した『千十里食堂』がルーツ。
昭和55年に二代目が『井手ちゃんぽん』と改名。
佐賀を中心に、福岡、長崎、大分に店舗あり。

さておき。

名前だけは知っていましたが今まで機会に恵まれず。
ちょうどタイミングよく前を通ったので寄ってみました。

祝日13時過ぎ。
広い駐車場に駐車。
店内に入る時に男性店員に丁寧に迎えられました。

カウンター席、テーブル席、小上がり座卓。
広い店内です。
先客は多数。
8名程度の店員は紺色の制服が精悍な印象で、元気があってキビキビ。
客の多さ、厨房の忙しさ、店員の大きな発声でかなり活気のある雰囲気。

カウンター席に通されました。
広い厨房。
大量の野菜が途切れることなく炒められていましたが
喚起がかなりいいようで、油やにおいは気になりません。

卓上調味料はブラックペッパー、ホワイトペッパー、ラー油、柚子胡椒、餃子のタレ。
灰皿なし。
イメージ 1

メニューによるとちゃんぽん(700円)、黒豚餃子(310円)、チャーハン(480円)は想定内ですが、
カツ丼(770円)、親子丼(650円)、玉子丼(400円)、そしてうどん(300円)まであってこれは想定外。
これらは井出ちゃんぽんのルーツが千十里食堂ということで納得。
イメージ 2


イメージ 3



ちゃんぽん700円+生たまごトッピング60円
7分程度で供されました。
見るからになかなかのボリューム。
イメージ 4

スープはとんこつ。
濃度はそこそこ。
ほどよくサラサラした感じ。
野菜の旨味でまろやか。

具はモヤシ、キャベツ、玉ねぎ、豚肉、かまぼこ、ちくわ、青ネギ。
魚介系は無し。
強火で野菜を炒めてスープで素早く煮込んだタイプのちゃんぽんですが
野菜はほどよくシャキシャキした感じ。

麺は自家製麺のようです。
中麺でラーメンで言えば「ややカタ」の茹で加減といったところ。

途中で色々と卓上調味料を投入。
柚子胡椒、ブラックペッパーはかなり良いアクセントになります。
ラー油(S&B社製)は
不向きだと思いました(笑)。これは餃子とともに。

トッピングした生たまごは個人的にはこのお店のデフォのスープが好みなので
不要だったかも。

総じて良いちゃんぽん、良いお店だと思いました。
井出ちゃんぽんのルーツが千十里食堂ってことであれば
丼+うどんも試してみたいなぁ。



井手ちゃんぽん
大分県中津市大字是則741-1