ふたたびハシゴ酒

飲みそうな奴は大体友達!

旦過BAR x ラーメンだるま 小倉北区 ※移転

前置き
小倉駅南口西地区の再開発事業は権利者の多さで頓挫。
入り口の大丸ビル名店街のみ単独で建替えに。
現在工事中。(平成28年12月15日完成予定)
大丸ビル名店街のみの建替えということでストリップ劇場や薔薇族映画館等は残るようです。
さすが健全な小倉駅前!

さておき。

旦過BAR x ラーメンだるま
大丸ビル名店街の1角にありましたが建替えに伴い移転。
移転先はラーメンだるまのオーナーが経営する旦過バー。
昼はラーメンだるまが営業。
夜は旦過BARとラーメンだるまのダブル営業でしょうか。
夜に行った事がないのでその辺はよくわかりません。
2016年1月に移転されたようで、私が気付いたのは1月末。
気にはなっていましたが、メニューは変わってないようなので、行かんでもいいかなと。
ただ、忘れた頃に無性に食べたくなるのが二郎系というもの。

ということで。

入り口入ってカウンター席が5席程度。
イメージ 10

結婚式の二次会等も出来そうな広い店内。
テーブル席多数。
ステージあり。マイクあり。
イメージ 11

旦過バーとしての営業時間は20時~翌3時。
一般的なアルコールは均一価格で500円。
テーブルチャージは1名500円のよう。(バー利用のみ)

以下、昼訪問した時について。

席はどこでも座れます。
初訪時はテーブル席に一人で座りました。
入店時に店長が気付けば注文を取りに来ます。
気付かない時は卓上の呼び鈴で呼びます。
水はセルフ。
卓上に一味、ラーメンタレあり。
イメージ 7

メニュー
イメージ 1

最初に普通に注文。
一旦店長が厨房に下がります。
例の無料トッピングコールはあらためて聞きに来ます。(たぶん麺を茹で始めてから)

イメージ 2


■小ラーメン650円
ニンニク・・・ナシ
野菜・・・マシマシ
アブラ・・・普通
カラメ・・・コールナシ(普通)
イメージ 3

7~8分ぐらいで供されました。
野菜はキャベツは数切れでほぼ99%モヤシ。
マシマシなのでさすがの標高。

イメージ 4

麺は噛み応え&食べ応えのあるやや茶色のエッジのある太麺。
ほのかな小麦感というか麺そのものに味があるよう。
スープはライト醤油豚骨。
スープそのものにインパクトはありませんが
それが麺や野菜の存在感を引き立たせてるような気がします。

イメージ 5

チャーシューはあっさり塩味のものが数切れ。(肉そのものの旨みあり)
これも麺や野菜を食べるための引き立て役のように感じます。


■汁なし小700円
前店舗の時はラーメンと同額でしたが、このお店では50円高い値段設定。
ニンニク・・・普通
野菜・・・マシマシ
アブラ・・・普通
カラメ・・・コールナシ(普通)
イメージ 6

汁なしにすると生たまごと刻み玉ネギが追加になります。
刻み玉ネギは普通にモヤシの横にトッピング。
生たまごは別の器で。

汁なしですがラーメンスープより濃いタレが入っています。
言わばかけうどんとぶっかけうどんの違いのようなイメージ。
タレは野菜にほぼかけられてないので卓上のラーメンタレをかけながら食べ進めます。
生たまごの投入ですがモヤシにかけてもそんなに意味がないような気がします。
実際麺に良く合いました。
投入した後に思ったのですが、生たまごは丼に投入せずに
この器のままラーメンタレを入れて溶いて、
麺をつけて食べるのがいいんじゃないかと。
ただ、ここの麺は太麺で手繰り難くく食べ難いかもですが。
この店での個人的な好みはラーメンよりも汁なしのほうです。
ニンニクは入れたほうが美味いですが、それは状況に応じて。


イメージ 8


イメージ 9


旦過BAR x ラーメンだるま