ふたたびハシゴ酒

飲みそうな奴は大体友達!

だれやめ酒場 衣食汁(鹿児島県・かごっまふるさと屋台村)

鹿児島県や宮崎県など南九州の方言で、焼酎を飲む晩酌のこと。
だれ(疲れ)をやめる(とめる)という意味から。

だれやめ酒場 衣食汁
かごっまふるさと屋台村、21号線沿いの入り口すぐのお店。
看板には「だしおでん」、「鹿児島天ぷら」、「まぐろ料理」、「手打ちそば」の表示。

イメージ 1


イメージ 2


天文館で予約したお店に行く前に、
1軒ぐらいは屋台村のお店に行っとかないとねって感じで寄ってみました。
早い時間だったので屋台村自体に客はまばら。
どこでも良かったのですが、こちらに決定。

気さくな大将が迎えてくれました。
その他女性店員1名、男性店員1名。

L字カウンター8席程度の小さな店内。
外に4人掛けテーブル2卓。
ノーゲスト。
すぐに旅行客と思われる年配のグループが入店。
イメージ 3


屋台村オリジナル焼酎
屋台村名物の芋焼酎、一杯なんと200円。
名物といっても味がどうとか珍しいとかでなく安さが最大のウリです。
最大というかそれしかないのですが。(笑
焼酎ってのはやっぱこうでないとね。
良く聞く「幻」とか「知る人ぞ知る」とかホントどーでもいい。(笑
イメージ 4


サバ天串(串木野直送)
大将のオススメ。
竜田揚げのようなサバ天。
塩かマヨネーズで。
イメージ 5


スジ天串(鹿児島産)
こちらも大将のオススメ。
アキレスで無い、ほど良く肉のあるスジ。
こちらも塩かマヨネーズで。
イメージ 6


いづれも良いアテ。 
ちなみに、これらの串は鹿児島の名物ではないとのことでした。

イメージ 7


気さくな大将は北九州に居たことがあったらしく北九州の話題でしばし談笑。
次の予定があったので短い時間の滞在でしたが良いお店だと思いました。 

衣食汁
古来より『衣食足りて汁を知る』と言われてる通り、
カッコつけてノンダクレても、結局最後の〆には汁物が欲しくなるということ。
この感覚は現代人も同じだなぁ。w


だれやめ酒場 衣食汁
鹿児島県鹿児島市中央町6 かごっまふるさと屋台村