ふたたびハシゴ酒

飲みそうな奴は大体友達!

麺8-34(めんやさんし)小倉北区室町 鶏白湯 トリパイタン

■麺8-34(めんやさんし)
小倉北区室町の非豚骨系のラーメン店。
非豚骨系でもさらにレアな鶏白湯を提供。
ラーメンメニューは鶏白湯の醤油と塩、鶏白湯でない醤油と塩。何れも550円。
4種ともプラス200円でワンタン追加可能です

イメージ 1

久々の訪問になります。
この日は下関に新しく出来た鶏白湯のラーメン屋「鶏一心」に
行こうかなとも思いましたが、移動が億劫だったので麺8-34に。

■メニュー
イメージ 2


■卓上調味料
黒コショウ、コショウ、一味、ゆかり(ごはん用)、ラー油、餃子のタレ
イメージ 3


■鶏白湯しおらーめん550円+ごはん小100円
イメージ 4


イメージ 5
鶏白湯はほんのりとした甘さがあると思っていましたが、元ダレの塩のほうが強め。
塩加減はギリギリの塩梅でこれ以上だと塩辛く感じるかも。
「鶏白湯しおらーめん」という品名通りと言えば品名通り。
まさに鶏白湯の塩。
麺は黄色がかった細麺ストレート。
のどごしが良くシコシコとした歯切れ。
チャーシューは控えめな味付けでホロホロとやわらかいものが1枚。
その他はハーフカットの半熟ゆで玉子、メンマ、ネギ。
卓上のミルの黒コショウを使いましたが、
鶏白湯塩にはあまり合わないような気がしました。
もう少し甘いスープであれば合いそうですが、
最初からわりと塩が効いていますし。
まぁ、これは好みですね。
総じて丁寧に作られた一杯といった印象。

ごはんは写真では大きく見えますが小ですので。
CPはおにぎりのほうが良いように思います。

イメージ 6


■パイタンについて
後から入ってきた年配の男性。
メニューを見て「とり…はくとう…しょうゆ」と注文。
「醤油はトリパイタンのほうでいいですか?」とママ。
男性客はわからないだろうなと思いましたが、予想通り。
ママがサバサバした感じなので説明してあげようかなと思いましたが、静観。w
「よくわからんけど、それで」と男性客。
基本的には「パイタン」は読めないのが普通だと思うので問題なし。

こちらは鶏白湯が看板メニューと思いますが、
清湯の醤油と塩も一度は食べてみたいなと。




麺8-34(めんやさんし)
福岡県北九州市小倉北区室町2-11-5