ふたたびハシゴ酒

飲みそうな奴は大体友達!

紺屋町の年季の入った焼き鳥屋『居酒屋 千』

■居酒屋 千
小倉北区紺屋町の年季の入った焼き鳥屋。
(店名は居酒屋ですが焼き鳥屋でしょう。)
居酒屋メニューあり。
カウンター席のみ8席程度。
テレビあり。
60過ぎと思われる大将が一人で切り盛りされてます。

さておき。

目立ってはいませんがビルの1階の路面店なので
ずいぶん前からそこにお店があるということは知っていました。
たぶん私が夜遊びをするようになる前からやってるお店でしょう。
(尊敬する大先生によると30年ほどとの事。)

なかなか入るのにちょっとした勢いが必要な外観。
この日は酔っ払ってたわけでもなかったのですが
入り口が開いてたのでするりと入店。
イメージ 1
 
親指でなく、小指でもなく、もちろん中指でもなく、人差し指をピンと1本立てて
「ひとり、ちょっといいすか?」と私。
「どうぞどうぞ」と大将。

平日18時過ぎ、ノーゲスト。
カウンターの中央に着席。

すすけたような枯れた雰囲気の店内。
薄型テレビあり。
メニューは卓上には無く、正面に掲げられています。
イメージ 2
 
イメージ 3
平尾酒店のカレンダーがあったので酒の仕入れは平尾酒店からなんだろうなと
考えてみたり。
イメージ 4
 
以下、適当に飲み食い。

■白波ロック 350円?
最初「白波ロック」で注文したら若干微妙な空気になったような気がしたので
(バックバー(笑)のキープボトルにも白波は置かれてなかったし)
「黒霧でも何でもいいですよ」と私。
カウンターごしに五合瓶を開ける音がしたので、そのボトルを見ると白波。
なんか申し訳なく。

■お通し
焼き豚3枚。
串が焼き上がるまでのいいしのぎ。
イメージ 5
 
■串焼き
平皿で4本同時にキャベツ(ポン酢)と共に供されました。
・皮(70円)昔ながらのむっちりした皮。タレ焼き。
・かしわ(80円)せせり。ジューシー。ブラックペッパーがふられていました。
・豚バラ(100円)ジューシー。ブラックペッパーがふられていました。
・白ねぎ(70円)
イメージ 6
串はどれも美味かったです。
印象に残ったのはタレ。
甘ったるくなくスッキリしてて良いタレでした。
タレ焼きの後で最終的に皿に盛った後、さらに上からかけてるような。
牛サガリとダルムを発注するもこの日は無かったです。

■さんま 500円
イメージ 7
塩サバにしようかなとも思いましたがさんまを発注。
焼き場でじっくり焼かれたさんま。
カボス半切れと大根おろし
これで500円はかなり好印象。

■大将
わりとヘビースモーカー。
接客は最低限でこちら側に入ってこない感じ。
ぞんざいな感じは無く、姿勢としてはきちんと下から。
オレやけ?w

この日の支払いは1900円。(白波はおかわりをしています。)
体感で2300円ぐらいかなと思ったので安いなと。

入り難い外観ですが、居心地も悪くないですし普通のお店でした。
まぁ、吉田さんは来るかもしれんけど、太田さんは来んやろね。w

 
店名:居酒屋千
TEL:093-531-9221