ふたたびハシゴ酒

飲みそうな奴は大体友達!

山口県下関市 『鶏一心』 鶏白湯ラーメン

下関市竹崎町、2016年12月21日にオープンした鶏白湯ラーメン店『鶏一心』。

イメージ 6

このお店を知ったのは年末の関門経済新聞の記事。

行こう行こうと思ってましたが
モチベーションが上がらず、今回遅ればせながら。
といっても門司の圭順に行こうと思って出発するも
小倉~門司間の微妙な便数の少なさで
圭順が閉まりそうな時間になったので予定変更して
こちらにという流れ。

日曜日、14時20分ぐらい。
三角ビルのちょっと怪しげな階段を上がって店内に。
満面の笑みの若い男性店員に迎えられました。
勝手にお客が多いと思っていましたがノーゲスト。
まぁ、下関なのでこんなもんなんでしょうね。w

「お好きなところにどうぞ」との事で
奥のテーブル席に座りました。

店内はこんな感じ。(カウンター席5席程度。テーブル席数卓。)
イメージ 2
 
イメージ 3
居心地はいいです。(女性一人でも全く問題ない雰囲気)
BGMは洋楽が流されてました。(80s、TOTOのRosannaとか)。
 
 
■メニュー
鶏白湯だけでなく豚骨もあります。
イメージ 4
 
注文は決めていました。
海鮮塩だれ鶏白湯とご飯を発注。
メニューの通り、ご飯はお代わり無料で100円です。
(ご飯の写真は撮ったつもりが未撮影)
 
 
■濃厚 海鮮塩だれ鶏白湯 780円
5分ぐらいで供されました。
なかなか具沢山です。
イメージ 1
 
スープはとろみがある濃厚な鶏白湯。
角がなくまろやかで元ダレは控えめ。

麺は中細麺ストレート。
イメージ 5
スープとよく絡み、スープをよく持ち上げます。
くつくつとした歯切れでした。
少しかためのゆで加減に感じましたが、
もう少しやわめのほうが、この麺とスープに合ってるような気がします。

チャーシューは大きめの豚バラ肉1枚。
ホロホロとやわらかくほどよい味付け。
さらに角切りチャーシューも入っていました。
チャーシューというよりも焼き豚といったほうが
似合う味付け。(わかるかね?笑)

その他の具は、メンマ、レンコン、ゆず、白髪ネギ、青ネギ、糸唐辛子。
ゆずは良いアクセントだと思いました。
ただ、卓上調味料はなく、終盤単調な感じは否めないので
コショウ等があればいいなと。
粗挽きミル付きのブラックペッパーあたりが
相性がいいと思います。

最後はスープにごはんを投入して完食。
これは美味いので周囲を気にせず投入すべし!笑)

供された時はボリュームは少なめかなと思いましたが、麺量は多かったです。
それに比べてスープは少なめかなとも思いましたが
最終的には丁度よい量でした。飲み干せたので。w

こだわりは感じますが、トータルで考えると価格が高めかなと思います。
小倉の人間はこちらで食べなくても麺8-34で十分だと思います。

まぁ、この辺の事はよく知らんけど、周囲の雰囲気からいうと
貴重なお店である事は間違いない話かと。



店名:鶏一心 (トリイッシン)
住所:山口県下関市竹崎町2-13-3 2F
TEL:083-242-4088
定休日:水曜日
営業時間11:30~翌2:00(売り切れ次第終了)