ふたたびハシゴ酒

飲みそうな奴は大体友達!

小倉北区宇佐町 『来々軒』 白濁豚骨ラーメンの元祖

イメージ 4
 
 
久々に訪問しました。(約6年ぶり)
宇佐町の来々軒

言わずと知れた白濁豚骨ラーメン発祥店「三九」の創業者杉野氏が
久留米から北九州に移転して屋号を「来々軒」として開業したお店。

駐車場はお店の斜め前にあります。(4台分)

店内はイニシエ系の類。
カウンター7席ほど、2人掛けテーブル席2卓、奥に小上がり。
テレビあり。
年配の大将と奥さんでしょうか女性店員が1名。

■卓上調味料
イメージ 5
 
 
南蛮辛みそ、ニンニク、胡椒、ラー油、餃子のタレ。
イメージ 6
 
■サービスランチメニュー
イメージ 7
かなり安い設定。
ちなみにノーマルのラーメンは500円、チャンポンは800円。

ラーメンと小ヤキメシのセットを注文しました。
しかし560円は安過ぎるなぁ。
 
 
■②ラーメン+小ヤキメシ 560円
6分ぐらいで同時に供されました。
イメージ 8
 
・ラーメン
イメージ 1
 
低価格ながら充実のトッピング。
チャーシュー2枚、モヤシ、キクラゲ、メンマ、海苔、ネギ。
ちなみにラーメンに海苔をのせるのは
このお店が発祥と言われています。
イメージ 2
 
 
まずはスープから。
油分は控えめでややシャバシャバ。
あっさりめで甘味も感じます。
味に深みというか奥行きはあまり無いように思いますが
これが白濁豚骨ラーメンの原点なんだろうなとしみじみ。

チャーシューは出涸らし系でしょうか。w

麺は中細ストレート。
丁度良い茹で加減。
イメージ 3
終盤に卓上の南蛮辛みそを使いましたが
スープが負ける感じだったので
控えめに使うか、使わなくてもいいのかも。
 
 
・小ヤキメシ
イメージ 9
小ですがわりとボリュームはありました。
多めの豚肉、刻み玉ネギとニンジン。
昔ながらの味付け。
胡椒多めでわりとパワフルな味。
ラーメンの優しいスープもよく合います。


なるほどね。


どちらも美味しく完食。
白濁豚骨ラーメン発祥店としてのオーラは全く感じさせませんが
それを抜きにしても十分魅力的なお店だと思いました。

しかし、このラーメンと小ヤキメシのセットは安過ぎるなぁ。
北九州でもラーメン一杯600円程度が普通になってるのに
セットで560円て。
「やっぱラーメンってのは、ラーメン屋ってのはこうでないと」
って、つい言いたくなる。



店名:来々軒
住所:福岡県北九州市小倉北区宇佐町1-5-14
TEL:093-551-0293