ふたたびハシゴ酒

飲みそうな奴は大体友達!

北九コロッケそば!

■コロッケそば(コロそば)・・・
かけそばにコロッケをトッピングしたもの。
関東圏の立ち食いそば等の廉価店でポピュラーなメニュー。
関東圏以外ではほとんどお目にかかることができない。
普通の北九人はその存在を知らない。
 
 
食べログのコロッケそばのプロによると・・・
コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0
【コロッケそばについて】
肝心のコロそば、浸すことにそのメリットが活かされる。
煮物を食べている感覚である。二日酔いにはもってこいのメニューである。
飲んだ後には、コロそば
色々済んだ後には、コロそば
飲んだ次の日には、コロそばである。
実はかき揚げより脂っこくない優しい出汁。
こってりとほっこりが同時に備わるスーパーフード
それがコロッケそば「コロそば」である。
コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0コ0
 
 
ニコニコ大百科によると・・・
謎の出汁が利いた謎の蕎麦汁の中に、
謎の温かいそばが入っており、
その上に謎のジャガイモ100%な謎の冷たいコロッケが鎮座している、
ただそれだけのモノ
 
 
北九州でコロッケそばを探してみたが・・・
ちゃんとしたそば屋は全滅。
ちゃんとしてないそば屋も全滅。
駅構内の立ち食いも全滅。
頼みの資さんも頼りがいがなく。
 
 
暗礁に乗り上げそうになったところ・・・
食べログ北九州のトップページで「コロッケそば」を検索。
「エビス屋昼夜食堂」がヒット。
ヒットしたのは黒崎の大先生の下記文章。
---
私の一番のオススメは、コロッケ(100円)。基本は作りおきですが、
ゴロゴロと粗く潰したじゃがいもがウマイです。
これがあれば、コロッケカレー、コロッケそばなどの
バリエーションも自分で増やせます。
---
たぶん何気なく書いたもので、大先生はコロッケそばにして食べてないと思われ。
早速エビス屋昼夜食堂に行って
コロッケそばを食べれば済むかと言えば済まない話。
だってさぁ、あのエビス屋昼夜食堂の数あるメニューの中から
あの大先生がコロッケがオススメというのであれば
普通に食べたいし。
そばなんかに乗せず。(笑
 
 
■華さん食堂・・・
福岡県内を代表する激安チェーン食堂。
好きなおかずを取って、レジ付近でごはんと味噌汁を注文。
最後に支払うタイプの食堂。
ここにはあるんだよなぁ。かけそばとコロッケが。
 
 
■早速行ってみた・・・
コロッケは3種ぐらいの中から一番安いヤツで。
さすがにコロッケとかけそばだけでは恥ずかしいので
カモフラージュで一品(すき焼き)は取りましたよ。w

かけそばはレジで注文。

「かけそばお願いします。」

「か・け・そ・ば??」

的にパートのおばちゃんから聞き返されたり。w
(華さんでかけそば頼んでるヤツなんて見たことねぇ。)

「番号でお呼びします」の案内。
お茶を取ってすき焼きを温めてたらすぐに番号を呼ばれました。(早い!)
 

■かけそば(154円)+昔ながらのコロッケ(46円)
イメージ 2
 
躊躇せずコロッケを乗せます。w
イメージ 1
 
 
4分割にするのが通の食べ方とのことで
流儀に従って十字切りで4分割。
イメージ 3
汁を染み込ませてから食べます。

■200円のコロッケそば・・・
そばの出汁はかなり薄味。
薄味の出汁が染み込んだコロッケ。
アリナシで言えばナシでしょう。(笑
たぶん関東の濃い出汁じゃないと成立しないと思われ。
 
 
コロッケは作り置きで冷めたタイプ。
そしてジャガイモオンリーの王道のチープさ。
かけそばも一杯154円という直球ど真ん中のチープそば。
そばの風味は皆無!
チープxチープのまさかの相乗効果を期待しましたが
何も生まれず。(笑

ちなみに食後はこんな感じ。
ぱっと見は味噌汁。w
イメージ 4

そんなこんなで人生初のコロッケそばはこんな感じでした。
(バカかね?)